[PR]

 韓国軍の合同参謀本部によると、北朝鮮は6日未明、南西部の黄海南道から未確認の「飛翔(ひしょう)体」を日本海に向けて2発発射した。北朝鮮による飛翔体の発射は、この2週間で4度目。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は同日朝、5日に韓国周辺で始まった米韓合同軍事訓練は南北、米朝の合意に反すると改めて主張し、「度重なる警告に耳を傾けないなら、疲弊するほどの代価を払わせる」とする外務省報道官談話を発表した。

 北朝鮮は7月25日、31日、8月2日にも飛翔体を発射。うち最近の2回については、新たに開発した多連装ロケット砲の試射と主張している。北朝鮮は米韓合同軍事演習に強く反発していることから、米韓軍は飛翔体を追加発射する可能性が高いとみて警戒を強化していた。

 米政権高官は5日(米国時間)、朝日新聞の取材に対し、「我々は引き続き事態を注視しており、米国の同盟国である日韓両国と緊密に意見交換している」と答えた。

 岩屋毅防衛相は6日午前、記者団の取材に応じ、発射は2回で、日本の領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されていないと説明した。(武田肇=ソウル、園田耕司)