[PR]

(6日、高校野球 八戸学院光星―誉)

 開幕試合の始球式に登板したのは、プロ野球の中日などで活躍し、日本代表(侍ジャパン)の内野守備・走塁コーチを務める井端弘和さん(44)。左打者の内角に速球でストライクを投げ込むと大歓声が湧いた。「甲子園のマウンドから投げたのは初めて。投手がパニックになるのが分かりました」と笑った。

 堀越(東京)時代に夏の甲子園出場を果たしたが、雨天コールド試合で敗れた悔しい記憶がある。ただ、いろいろな人の支えがあって野球ができるありがたさを知ったのも高校時代だという。「貴重な3年間でした」と振り返った。