[PR]

 第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。智弁学園の選手たちも開会式に臨んだ。

 開会式は午前9時に始まった。智弁学園は31番目に入場。「奈良代表、智弁学園」とアナウンスが流れ、スタンドから大きな拍手が起こる中、選手たちは胸を張って行進した。

 小畠一心君(1年)は「スタンドに人が入ると、雰囲気が全然違った。ここで自分が投げられることに感謝したい」と話した。

 浦谷直弥君(2年)は「あんまり緊張はしなかった。今日から始まるんだっていう実感がまだ湧かないです」と笑った。

 智弁学園の初戦は大会第7日(12日)。青森代表の八戸学院光星と対戦する。八戸学院光星は大会初日、愛知代表の誉を9―0で下した。(佐藤栞)