[PR]

 米テキサス州エルパソで起きた銃乱射事件で、容疑者が「犯行声明」を投稿したとされるネット掲示板が「憎悪(ヘイト)」を増幅させてきたとして非難が強まっている。サイトの維持に必要なサービスを提供してきた企業が相次ぎ掲示板との関係を解消し、掲示板は閲覧できなくなった。

 問題になっているのは「8chan」という掲示板で、日本の「2ちゃんねる」が原型とも言われる。この掲示板では、白人至上主義など過激なやりとりが匿名で盛んに行われていたという。

 エルパソの事件で逮捕された容疑者(21)は犯行直前、「攻撃はヒスパニック系の侵略に対する私の応答だ」などとする犯行声明を投稿したとされる。

 「8chan」が問題になるの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら