[PR]

 「くしろ港まつり」の一環で、第15回釧路港舟漕(こ)ぎ大会が、釧路市の幣舞橋上流の釧路川で催された。こぎ手6人、声掛けと旗持ち各1人の計8人がチームで舟に乗り、往復200メートルのタイムを競う。祭りと聞けば、血がたぎる記者(52)も仲間と初参戦した。

 黄色いTシャツと帽子でそろえたベトナム人研修生、オレンジ色のTシャツで社名入りの船舶建造会社、赤フンドシ一丁で裸身がまぶしい北大……。3日にあった大会には、一般の部65チーム、女性の部21チームが出場した。

 わがチームは飲食店「丸参みんなのお店」の常連客を中心に結成された。北大通ににぎわいをと昨年11月末に開店したが、一生懸命すぎて失敗を繰り返してしまう廹田栄重(さくたさかえ)店長(58)を応援したいと、「さかちゃん危機一髪! 救出大作戦」とチームは名付けられた。全員が初参加だ。

 水戸黄門の登場人物の衣装で臨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら