[PR]

 群馬県渋川市内の男性が昨年6月に亡くなるまで34年にわたり、本来は課税対象ではない固定資産税を徴収されていたことがわかった。男性の死去直後、男性の親族からの指摘で市が誤りに気づいた。市は要綱で定める過去20年分は返還する方針だが、それ以前の14年分は返さない。この誤徴収については公表していなかった。

 市などによると、男性は1984年、合併前の旧赤城村で家屋1軒の所有権を別の人に変更したが、翌年以降も男性への課税が続いていた。

 市の担当者によると「当時記載ミスがあったと思われるが、はっきりした原因はわからない」と話す。村は2006年2月、5市町村と合併して現在の渋川市となった。

 市は、この男性の例などを受け…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら