[PR]

 広島県の湯崎英彦知事は6日、広島市中区の広島平和記念公園で開かれた平和記念式典で、「核兵器を特別に保有し、事あらば使用するぞと他を脅すことが許される国があるのか」と述べ、核抑止論の正当性に疑問を呈した。

 湯崎知事は「保有自体が危険」とする元米国防長官の証言を紹介し、核システムへのサイバー攻撃にも懸念を表明。その上で「持ったもの勝ちというのであれば、持ちたい人(国)を押しとどめるのは困難」との見解を示した。

 こうした危険について「国際社会の現実」ととらえることにも異議を唱えた。「現実という言葉の持つ賢そうな響きに隠れ、実は逃避しているだけではないか」と指摘し、核兵器の不使用が保証されるには「廃絶以外ない」と断言した。(北村浩貴)

【動画】思いを託された「モノ」をめぐる、人々の物語=西田堅一、上田幸一撮影