[PR]

 キリンホールディングス(HD)は6日、化粧品・健康食品大手のファンケルと資本業務提携を結び、ファンケルの株式の33%(議決権ベース)を取得すると発表した。キリンが持つ酵母や発酵技術をいかした化粧品の共同開発や、互いの販売網を生かした顧客の拡大を狙うとしている。

 記者会見したキリンHDの磯崎功典社長は「健康に関わる社会課題の解決を通じて成長をめざすファンケルの方向性は、キリンと完全に一致している」と述べた。ファンケルの島田和幸社長は「互いに重複事業が少なく、シナジー(相乗効果)が期待できる」。キリンHDは9月6日付で、ファンケル株を創業者の池森賢二会長と親族らから市場外で相対で譲り受ける。取得総額は1293億円。

 キリンHDが狙うのは「健康分…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら