[PR]

 内閣府は6日、2018年に報告された保育施設や幼稚園、認定こども園での事故で死亡したのは9人で、前年より1人増えたと発表した。全治30日以上の事故は1212件で、前年の約1・39倍(340件増)だった。担当者は、事故報告が徹底されたことで件数が増えたとみている。

 亡くなった子どもは、0歳が4人、1歳が4人、6歳が1人。発生状況別では「睡眠中」が8人、「その他」が1人だった。9人のうち6人は認可外保育施設での事故だった。

 けがの内訳は「骨折」が974件で最も多く、次いで指の切断や唇・歯の裂傷など「その他」が223件だった。子どもが意識不明になった事故は11件あり、内訳は認可保育施設7件、認定こども園2件、認可外保育施設1件などだった。

 同時に発表された、小学生が利用する学童保育の事故は420件(前年比58件増)で3年連続で増えた。(浜田知宏)