[PR]

 京都アニメーションの人気アニメ「響け!ユーフォニアム」のモデルになった京都府立東宇治高校(宇治市)の吹奏楽部が6日、京アニへの思いを込めて府大会のコンクールで演奏し、金賞に輝いた。アニメは北宇治高校(架空)の吹奏楽部員が全国大会を目指すストーリー。京アニの監督らが度々、東宇治高校にロケに訪れていた。

 ロケは2014年夏。宇治市に本社がある京アニの石原立也監督とスタッフ数人が数回、練習を見学して撮影し、コンクールにも同行して取材した。吹奏楽部顧問の近藤和郎教諭(42)は「楽器のパーツの大きさ一つひとつを測り、演奏する時の指の動きをジーッと見て撮影を続けていた。そこまで細かく取材するのかと驚いた」と振り返る。

 アニメでは、音楽室の貼り紙やごみ箱まで、細部を忠実に再現していた。今回の放火事件は、部員たちにショックを与えた。近藤教諭は事件翌日、「自分たちが今できることを精いっぱいしよう」と呼びかけた。

 ロケ時にいた生徒たちは卒業したが、アニメを見て入学を決意した部員もいる。ファゴット担当の2年の関西(せきにし)航汰さん(17)は中学生の時にテレビで「響け!」を見て、「アニメと同じ風景のなかで練習したい」と憧れた。「アニメから感動をもらった分、自分も目いっぱいの演奏でお返ししたい」との思いで臨んだ。

 この日の第56回府吹奏楽コンクール(府吹奏楽連盟、京都市、朝日新聞社主催)で、東宇治高校はさざ波を表現した曲「昂揚(こうよう)の漣(さざなみ)」に挑戦。関西大会への出場は逃したが、金賞に選ばれた。

 アニメの主人公・黄前(おうまえ)久美子と同じ金管楽器ユーフォニアムを担当する1年の中嶋ひかりさん(16)は「共感をもってみていただけに悲しい。とにかく全力を尽くした」。3年で部長の伊藤唯夏(ゆいか)さん(17)は「被害を受けた方々に届いてほしいと思いを込めた。今までで一番いい演奏ができたと思う」と話した。(大貫聡子)