[PR]

 最後の時まで、満開の美しさで――。8月23日に幕を開けた、宝塚歌劇花組トップスター明日海(あすみ)りおの退団公演は、明日海にしかできない繊細な芝居、そして男役の集大成ともいえるショーの両面で観客を魅了する。

 ミュージカル「A Fairy Tale ―青い薔薇(ばら)の精―」(植田景子作・演出)の舞台は、19世紀半ば、産業革命後のイギリス。人間に見える現実の世界と、精霊たちが生きる異次元の世界とが交錯する幻想的な作品だ。

 主人公の薔薇の精エリュを演じる明日海は、この世のものとは思えない美しさで、登場シーンから劇場をいっきに神秘の世界へいざなう。

演出の植田は、明日海について「やはり芝居の人」と評します。ラストシーンに込めた思いを明かしてくれました。

 エリュは妖精を信じる少女シャ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら