[PR]

 ロシア外務省のモルグロフ次官は6日、日本の上月豊久駐ロシア大使を呼び出し、メドベージェフ首相が2日に北方領土の択捉島を訪問したことや、国後島周辺で今月行われる予定の射撃訓練に対する日本政府の抗議は「受け入れられない」と伝えたと発表した。

 モルグロフ氏は、「第2次世界大戦の結果、合法的にロシアの領土となった南クリル(北方領土のロシア側呼称)でのロシアの活動に対する日本の抗議は受け入れられない」と主張。ロシア政府高官の北方領土への訪問に対する日本の政府高官らの抗議は「ロシアに対する内政干渉だ」と非難した。

 モスクワの日本大使館によると、上月大使は、北方領土へのメドベージェフ氏の訪問や射撃訓練は日本の立場と相いれないと反論し、「日ロ間で長い間存在する問題に終止符を打つべく、平和条約交渉を精力的に行う必要がある」と主張した。(モスクワ=石橋亮介)