[PR]

 薩摩川内市消防局が2年前から始めた夏休みの子供向けイベント「初期消火選手権」が熱気を帯びている。火事を知らせる声の大きさと消火器操作のタイムを競う、同消防局オリジナルの競技会。大人顔負けの記録をたたき出すリピーターもいるという。31日まで随時受け付ける。

 同市消防局の新庁舎は2014年夏に完成。「防災研修センター」を備え、過去の大地震の揺れや台風の暴風、煙が充満した通路の避難のほか初期消火の体験ができる。いずれも無料。

 小中学生を対象にした初期消火選手権は、この施設を有効活用しようと17年夏にスタートした。過去2回は訓練用の水消火器で大小7本のペットボトルを、いかに早く倒せるかを競ってきたが、3回目の今年は「新種目」を追加。大人に火事の発生を知らせることも子供の大きな役割だとして、「火事だー!」と叫ぶ声の大きさを測り、消火器操作との合計点を争う形にした。

 選手権開催中、定期的に成績上…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら