[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が6日早朝、新型戦術誘導兵器の威力を示す発射に立ち会い、米韓合同軍事演習への「警告になる」と述べたと伝えた。北朝鮮が6日、朝鮮半島西側の黄海南道クァイル付近から、日本海に向けて飛翔(ひしょう)体2発を発射したことを指すとみられる。

 同通信は、兵器は日本海に設定した目標の島に正確に命中し、「兵器の信頼性と安全性、実戦能力が検証された」と主張。正恩氏は満足し、「われわれの軍事的行動が米国と南朝鮮(韓国)が行っている合同軍事演習に警告を与える機会になるだろう」と述べたと伝えた。

 北朝鮮の飛翔体発射は7月25日、31日、8月2日に続くもので、米韓は6日に発射された飛翔体は短距離弾道ミサイルとの見方を示している。(ソウル=武田肇)