[PR]

 とんこつ味の袋麺「うまかっちゃん」が9月に発売開始から40周年を迎える。ハウス食品は7日、今後1年を「うまかっちゃん Year(イヤー)」と位置づけ、地元ブランドなどとのコラボレーション企画を発表。九州のファンとともに40周年を盛り上げたい考えだ。

 「九州のソウルフード」とも呼ばれるうまかっちゃん。ハウスが初めて地域限定商品として開発した袋麺は、徹底した調査と開発、戦略的なCMもあり、九州の人々の胃袋をつかんだ。

 同社は1973年にしょうゆ味の麺を全国展開するも、九州での売れ行きはさっぱり。それが、とんこつ味の袋麺の開発につながった。開発担当者は福岡や久留米、熊本など20店以上のとんこつラーメンを食べ歩いた。九州で試食テストを繰り返し、まろやかな味わいに仕上げたという。

 「おいしい」の博多弁を商品名…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら