【動画】企業のオフィス内に張られたテント=長野佑介撮影
[PR]

 夏真っ盛り、会社にいてもキャンプ気分を――。企業のオフィス内で、テントを張ったりキャンプ用の椅子を並べたりする動きが広がっている。ミスマッチに見えるが、社員には好評だとか。背景には、働き方改革の浸透もあるようだ。

 事務用品の販売などを手がける山崎文栄堂(東京都目黒区)のオフィス。ビルの3階から奥へ進むと、机と椅子が整然と並ぶなかに突然、高さ2メートル、幅4メートルほどのテントが現れた。なかに入るとアウトドア用の椅子もあり、社員4人がリラックスした様子で打ち合わせをしていた。

 来年創業100年を迎える老舗の中小企業だ。若狭謙治常務取締役によると、2010年ごろから業績を上げようと効率化を求めすぎ、社内が「軍隊っぽい雰囲気でピリピリしていた」。どうすれば気持ちよく働けるのか、全社員約50人で話し合うなかで「大自然で話すようなリラックスした雰囲気があるといい」との声が上がり、2年前の春にオフィスにテントを張ることになったという。

 テント内では川のせせらぎの音楽を流し、打ち合わせや商談で、毎日利用者が絶えないという。

 社員の宮地宏彰さん(29)は「役職に関係なくざっくばらんに話せる雰囲気になる。ポジティブな話題も出やすい」と笑顔。若狭常務は「心に余裕、余白を持つことが仕事の効率化、生産性の向上の近道だと実感している」と語る。

■200社、続々テン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら