[PR]

 フグの毒よりも強い毒を持った魚など危険な生き物を集めた展示が熊本県上天草市松島町の「わくわく海中水族館シードーナツ」で行われている。

 身や内臓などに毒があり食べると危険な生き物として展示されているソウシハギには、「カワハギと間違えて食べないで。内臓には致死性の猛毒をもちキケン!」などの説明が。触ると危険な生き物として、背びれに毒があるハオコゼなども展示している。

 夏本番を迎え、海で遊ぶ機会が増えることから注意喚起も兼ねて企画した。会場には、「ピラニアに食べられました」といった飼育担当者の数々の体験談を伝えたり、危険な生き物の被害にあった際の対処法を紹介したりするコーナーもある。

 10月14日まで。入館料は大人1300円、中高生800円、小学生500円、幼児(3歳以上)400円。年中無休。問い合わせは同館(0969・56・1155)へ。(大矢雅弘)