[PR]

 全国戦没者追悼式が15日、日本武道館(東京都千代田区)であり、埼玉県遺族代表として毛呂山町遺族会会長堀口憙美(きよし)さん(80)が出席した。県内から遺族約300人が参列し、終戦から74年たつ新たな時代に平和への思いをかみしめた。

 「すぐ帰れるから子どもと留守を頼む」。農業を営んでいた堀口さんの父修一さんは1944年6月、そう言い残し、まだ5歳だった堀口さんら3人の幼子を妻に託して出征した。

 入隊後ほどなく、「南方への輸送船に乗る」と一通の手紙が届いただけで、戻ることはなかった。同年12月4日にフィリピン・マスバテ島で戦死していた、と知らされた時には終戦から2年が経っていた。享年35だった。

 父の記憶はほとんどないが、命…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら