[PR]

 三重県伊賀市上野西大手町の峰歯科・矯正歯科クリニックで7日、「歯科医院の職業体験」があった。児童18人が白衣を着て、歯科医師や歯科衛生士の仕事を体験した。

 子どもたちに歯の治療について知ってもらい、歯科治療に対する「怖い」というイメージを変え、歯を大切にしてもらおうと毎年開いている。

 児童らはスタッフの指導で歯の模型の黒い虫歯部分を器具で取り、詰め物をした後、特殊な光を当てて固める処置を体験。次いで白衣を着て実際の治療台に向かい、マネキンの歯を機械で磨く作業にも挑戦した。

 参加した阿山小6年の光武玲奈さんは「磨くときに揺れて難しかった。これから細かく歯を磨いて、汚れが残らないようにしようと思いました」と話した。(森直由)