【動画】飛鳥京跡苑池で「流水施設」見つかる 奈良県明日香村=田中祐也撮影
[PR]

 国内初の本格的な宮廷庭園跡とされる奈良県明日香村の「飛鳥京跡苑池(えんち)」(国史跡・名勝)について、南北二つの人工池のうち北池から、全長約11・5メートルに及ぶ石組みの溝と石敷きの遺構がみつかった。県立橿原(かしはら)考古学研究所(橿考研)が8日発表した。7世紀後半にわき水を流す流水施設として造られたとみられ、古墳時代から続く「水のまつり」の宮廷儀式を行っていた可能性が高まった。最古の宮廷庭園は、観賞用の南池と祭祀(さいし)用の北池という性格やデザインの異なる二つの池で構成されたことが初めて明らかになった。

 苑池は橿考研が1999年の調査で発見し、その後も調査を続けてきた。橿考研によれば、今年5月から北池の北東部を発掘調査し、南北約13メートル、東西約8・5メートルの範囲で40~70センチ大の石が丁寧に敷き詰められた遺構が出土した。石敷きの中央部には、二つの正方形の石組みの「枡(ます)」(1辺0・8~1・3メートル、深さ0・2~0・5メートル)と、東西方向の石組みの溝(幅0・8~0・3メートル)も出土。溝の底には漏水を防ぐため、れんが状の砂岩も敷かれていた。枡にたまったわき水が溝に流れ込む仕組みで、橿考研は、清浄な水を流すことに何らかの意味があったと分析する。

 木下正史・東京学芸大学名誉教…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら