[PR]

 2シーズン目を迎える卓球のTリーグが6日から山梨県内で初めて開かれるのを前に、リーグの松下浩二チェアマンが甲府市の樋口雄一市長を表敬訪問した。

 Tリーグは男女それぞれ4チームで、東京五輪をめざす中央市出身の平野美宇選手が日本生命に所属する。公式戦が6~9日、甲府市青沼3丁目の市総合市民会館山の都アリーナで開催される。

 松下チェアマンは8月に甲府市を訪れ、子どもから高齢者まで全国に800万人の卓球愛好者がいて、リーグの理念に健康増進への寄与もあると紹介。「世界トップレベルの技を間近で味わえる。試合を見て、卓球を好きになってほしい」と呼びかけた。

 女子4チームの6試合があり、アリーナ中央に置かれた1台の卓球台を仮設の観覧席が取り囲む。(田中正一)