[PR]

 「がん細胞が自滅する」とうたい、医薬品として承認されていない健康食品を販売したとして、大阪府警は7日、健康食品販売会社「シンゲンメディカル」(東京都中央区)の社長、藤岡成友(まさとも)容疑者(46)=同港区=ら同社幹部4人を医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告・販売)の疑いで逮捕し、発表した。4人は「適法に販売していた」などと否認している。

 生活環境課によると、4人は3~6月、自社のホームページで、医薬品として承認されていない健康食品「全分子フコイダンエキス2000」に、「がん細胞の自滅作用がある」などとうたい、3箱(計約15万7千円)を大阪府内の60代のがん患者ら男女3人に販売した疑いがある。

 厚生労働省によると、この食品に含まれていたフコイダンは昆布などの海藻から抽出された成分だが、がんの治療に効能があるとは確認されていない。がんへの効能をホームページなどでうたった同社のフコイダンエキスの広告に対して、大阪市は3回にわたって繰り返し指導していた。

 府警によると、同社は熊本県の別会社の工場から1箱約2千~3千円で仕入れ、約2万~6万円で販売していた。押収した資料の分析などから、府警は、同社が2016年以降、フコイダンエキスの関連商品をのべ約1万人に、インターネットを通じて計約6万8千個販売し、計約28億7千万円を売り上げていたとみている。