[PR]

 スポーツ用品販売大手のアルペン(名古屋市)が7日発表した2019年6月期決算は、純損益が9億円の赤字だった。赤字転落は3年ぶり。不採算店舗の閉鎖や大量の希望退職を募ったことによる損失が出た。本業のもうけを示す営業利益は、前年比50・4%減の15億円だった。