[PR]

 名物は削り立てのかつおぶしがたっぷりかかったご飯と、かつお愛あふれる語り――。かつおに魅せられた1人の女性が8日、渋谷区で「かつお食堂」を開業した。

 「ありガツオございました」。「かつお食堂」の店主、永松真依さん(31)の元気な声が店に響く。かつおの尾びれで作られたつまようじに、かつお柄に染められたのれん、トイレの壁にはかつおの群れが泳ぐ絵が描かれている。文字通りかつおだらけの食堂だ。

 ご飯に山盛りになったかつお節は、永松さんが客の目の前で削ったばかりでふわふわ。かつお節で出しをとったみそ汁、だし巻き卵。それにおひたしとお新香がついた「かつお食堂ごはん」(1400円)が人気を集めている。

 常連客から愛称で「かつおちゃ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら