[PR]

 女子プロゴルフで渋野日向子選手が全英女子オープンで優勝し、日本勢として42年ぶりに海外メジャーを制覇しました。プレーとともに海外メディアも注目したのは、彼女の「スマイル」。笑顔は彼女にとってメンタルコントロールの手段であり、アスリートが験担(げんかつ)ぎの意味も込めて競技の前や最中に行う約束事、「ルーティン」の一種でもあるとみることができそうです。ユニークなものも多いという海外の選手のルーティンにはどんなものがあるのでしょうか。スポーツ文化評論家の玉木正之さんにも話をうかがい、最近の日本の選手に笑顔が目立つ理由について、世代論から解説してもらいました。

 米ネットメディア「ビジネス・インサイダー」の特集記事(2011年配信)では、次のようなルーティンが紹介されています。

 ①女子プロテニス選手 セリーナ・ウィリアムズ

 大会中、一足の靴下をはき続ける

 ②米男子アメフトのNFL選手 ブライアン・アーラッカー

 チョコチップのクッキー2個を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら