[PR]

 南米ペルーの北部グアダルピトで4日、自転車旅行中の日本人男性が交通事故に遭い、死亡した。現地報道などによると、男性は元小学校教員の佐藤文彦さん(31)=千葉県佐倉市出身=とみられる。トレーラーと接触して負傷し、病院に搬送されたが、5日午後に亡くなったという。

 報道などによると、佐藤さんは自転車で世界一周の旅行中で、7月31日にペルーに入国した。搬送された病院の医師によると、頭を激しく損傷したほか、全身にけがを負っていたという。地元警察は、トレーラーを運転していた男(47)を逮捕した。

 在ペルー日本大使館は「30代の邦人が交通事故で亡くなったことは承知しているが、遺族の意向で氏名などは答えられない」と取材に回答した。(サンパウロ=岡田玄)