[PR]

 スマートフォンでおしゃべりのような感覚で読める「チャット小説」が、新たな読書スタイルとして注目されている。アメリカの人気アプリで火がつき、日本でも出版大手の集英社が参入し、人気漫画「銀魂(ぎんたま)」などをチャット小説に仕立てて提供を始めた。

 チャット小説は、LINEのようなメッセージ形式で、話者のアイコンや名前と共にセリフが吹き出しで表示される。画面をタップすると、会話文を主体に話が進む。1話を2~3分程度で読める手軽さがうりで、ホラーや恋愛ものが多い。プロの書き手による作品だけでなく、一般人が投稿したものも読める。

 流行のきっかけは、2015年に米国でサービスが始まった小説アプリ「HOOKED(フックト)」。米モバイルデータ調査大手アップ・アニーによると、いまも書籍関連アプリのダウンロードランキングで上位につけ、総ダウンロード数は約2400万に達している。

 日本では、「ガラケー」と呼ば…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら