[PR]

 7日夜の浅間山(長野、群馬両県)の噴火について、気象庁は8日朝、噴火の性質を判断する降灰調査のために現地に職員を派遣した。

 8日未明に緊急会見を開いた同庁の加藤孝志・火山課長は、噴火の2分前に地震や微動を観測したものの、それ以前には前兆となる火山性地震の増加や地殻変動といった「明瞭な変化はなかった」と語った。浅間山の過去の噴火では前兆があったといい、監視態勢の見直しについて「精査して判断したい」と話した。

 ふもとの群馬県長野原町は、噴…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら