[PR]

 中部空港(愛知県常滑市)に本社を構える格安航空会社(LCC)エアアジア・ジャパンは8日、中部―仙台便を就航した。仙台へは全日空とアイベックスエアラインズが結んでいるが、LCC就航は初めて。

 エアアジア・ジャパンは1日2往復4便を運航する。運賃は一般向けで片道7400円。午前8時55分発の初便の搭乗率は93%だった。ジェニー麻友子若菜社長は「気軽に何度でも東北に出かけて」と利用を呼びかけた。

 中部―仙台便の利用者は年約20万人。国土交通省中部空港事務所の松本洋空港長は「エアアジア就航で7万~8万人は増えると見込んでいる」と話した。