[PR]

 韓国の李洛淵(イナギョン)首相は8日、閣僚らが出席した「国政懸案点検会議」で、日本政府が輸出手続きを厳しくした半導体材料3品目のうち「レジスト」の韓国向け輸出を初めて許可したと報告した。

 李氏は報告の一方、「日本の韓国への経済攻撃は世界の指導国家らしくない不当な処置であり、自由貿易の最大の受益国として自己矛盾だ」とあらためて日本の措置を批判した。その上で「我々は日本が原状回復するように外交努力を強化する」と述べ、全面撤回を求めていく考えを強調した。(ソウル=武田肇)