[PR]

 就活情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが、就活生7983人の同意をとらないまま、個人の内定辞退率を予測し、企業に販売していた問題をめぐり、根本匠・厚生労働相は8日の閣議後会見で「個別事案への回答は差し控える」としつつ、求人サイト運営側に個人情報の適切な使用を求める職業安定法の指針にふれ、「一般論として、違反が認められれば、厳正に(行政)指導する」と述べた。

 職業安定法にもとづく指針では、求人サイトを運営する事業者に対して、個人情報について、目的の範囲内で適切に収集し、使用することなどを求めている。

 リクルートキャリアは、過去の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら