[PR]

 新潟市が実施したバス高速輸送システム(BRT)の利用者アンケートの結果がまとまった。普段利用している路線バスについて「不満」「やや不満」と答えた利用者が計55%と半数を超え、バスダイヤやバス待ち環境、乗り換えの待ち時間でも不満を募らせている様子が明らかになった。

 市が8日に集計結果を公表した。アンケートは6~7月に実施。バス利用者に7900枚を配布し、3175件の回答があった。BRTは4年前、郊外からのバスが中心部に集中して混雑していたのを乗り換えで集約し、余力を郊外路線の維持にあてることを目的とした「新バスシステム」の一環として導入された。

 アンケートで路線バスについて総合的にどう感じるか聞いたところ、「やや満足」は18%、「満足」は14%にとどまり、「不満」が29%、「やや不満」が26%となった。バスの頻度や始発・最終便といったダイヤについては「不満」「やや不満」の合計が52%、バス待ち環境については同57%、乗り換えの待ち時間は同49%だった。

 また、利用者に乗り換えへの協…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら