[PR]

 米国防総省の監察官室は8日までに、過激派組織「イスラム国」(IS)がシリアで「復活してきている」との報告書をまとめた。AFP通信などが報じた。

 同通信によると、報告書で、ISはイラクとシリアで多くの支配領域を失ったにもかかわらず、イラクでは戦闘能力を強化し、シリアでは勢いを盛り返していると指摘した。両国の現地部隊が長期的な作戦や複数の作戦を同時にできず、ISはその弱点につけ込んでいるという。

 米軍はシリアに約2千人の地上…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら