[PR]

 所属選手に対して、飛び蹴りを食らわせたり、日常的に暴言を吐いたりしたとして、バスケットボール男子のBリーグ(大河正明チェアマン)は8日、B2香川の衛藤晃平監督(36)に対して1年間の職務停止処分を科したと発表した。また、クラブに制裁金100万円、クラブの社長と取締役にも譴責(けんせき)処分と制裁金を科した。

 発表によると、衛藤監督は2017年12月にあった試合後のロッカールームで、選手に飛び蹴りを食らわし、胸ぐらをつかんで暴言を吐いた。また、練習中にも選手の顔を平手打ちした。17年11月ごろには、選手のプレーに怒り、首をつかんで体育館の壁まで押しやり、暴言を吐いた。この選手は精神的に追い詰められ、体調を崩したという。

 その後も、試合のたびにミスをした選手をなじったり、怒鳴り散らしたりが続いたという。Bリーグはこうした行為はパワーハラスメントにあたると判断した。

 18年1月に通報があり、Bリーグが内部調査を求めたところ、香川は「事実はない」と回答。シーズン終了後に複数の選手から問題があると訴えがあったが、社長は具体的な対応を取らなかった。

 今年3月に、日本協会のインテグリティ委員会に再び情報提供があり、調査したところ、事案が発覚した。