[PR]

 全国の小中高校生が受けたいじめの認知件数が全国過去最多の窮状を踏まえて、虐待や貧困などの問題も含めて考えようという「子どもみらいセミナー」が、18日から3回の講座として横浜市内で開かれる。主催団体は教育関係者に限らず、一般市民も含めて参加者を広く募集している。

 子育てなどに取り組む団体を支えるNPO「神奈川子ども未来ファンド」と公益財団法人横浜YMCAとの共催。今年で4回目。

 18日は「いじめストップ!」と題し、いじめ問題に取り組むNPO法人理事の小森美登里さんと、ITの面からいじめ問題に取り組む会社社長の斎藤有子さんを講師に招く。

 2回目は9月29日の「虐待の…

この記事は有料会員記事です。残り303文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース