[PR]

 名古屋駅の南側に、長谷工コーポレーションなどが42階建て程度、高さ150~160メートルの分譲タワーマンションを計画していることが分かった。2020年春ごろ着工し、22~23年の完成を目指す。総戸数は400戸超の予定で、名駅周辺で最大級の物件になりそうだ。

 予定地は名古屋市中村区名駅南2丁目。名駅から南へ徒歩十数分の場所で、敷地面積は約5900平方メートル。パナソニックの工場跡地を長谷工が18年に取得し、現在は駐車場として利用されている。名鉄不動産、大和ハウス工業など計6社も事業者として加わる。

 再開発が進む名駅周辺ではオフィスビルの建設が相次ぐ一方、駅近くにタワマンが少なかった。不動産調査会社、東京カンテイ(東京)の井出武氏は「駅周辺で働く人が増え、高層マンションへの需要が高まっている。今後も建設が進むだろう」と話す。同社によると、名古屋市内のタワマンでは、09年に完成した「ザ・ライオンズ ミッドキャピタルタワー」(同市熱田区、地上47階建て)が最も階数が多い。新たにできるタワマンは、「御園座タワー」(同市中区、40階建て)などを超え、市内で3番目に階数が多くなる見込み。(石塚大樹)