[PR]

 〈新潟県新発田市の竹内久夫さん(87)は戦時中だった12~13歳の頃、旧瀬波町(現村上市)の瀬波温泉で疎開児童の世話役をした。〉

 やせ形で身体の弱かった私には工場などでの労働は厳しく、瀬波の旅館で疎開児童の世話を命じられた。複雑な心境だったけれど、お国のために頑張るしかなかった。東京から逃げてきた国民学校3~6年の子や、県内の体の弱い子らが集められ、25人ほどが一緒に生活した。世話役は、私と40代の陸軍少尉の2人だけだった。

 〈13歳ほどの私が20人以上の子どもを支えるのは大変だった。でも、戦時下という「異常事態」だったから、年長の自分がしっかりするしかなかった。〉

 食事は3食出たけれど、茶わん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら