写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

経済インサイド

 7月、突然明らかになったオフィス用品大手アスクルと、親会社ヤフーの対立。育てた事業を大事にしたいアスクルと、ソフトバンクグループとしてネット通販拡大を求めるヤフー。意見の違いは抜き差しならなくなり、ヤフーによる創業社長への「退任通告」に至った。なぜ関係はこじれたのか。親会社と子会社の関係、コーポレート・ガバナンス(企業統治)はどうあるべきか――今回の騒動が浮き彫りにした問題点とは。

去る社長と残る取締役が「言い合い」

 8月2日、東京都内のホテルで開かれたアスクルの定時株主総会。そこで、上場企業の総会としては異例の光景が繰り広げられた。

 アスクル株の45%を握るヤフーと、11%を持つ文具大手プラスが事前に議決権を行使し、アスクル創業者・岩田彰一郎社長の退任は確実だった。そこで会社を去る岩田氏と、残るヤフー出身の小沢隆生・社外取締役が株主の前で「言い合い」となったのだ。

 岩田氏らを退任させる理由につ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら