文大統領が内閣改造 法務相に対日批判の急先鋒を起用

有料記事

ソウル=武田肇
[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は9日、閣僚級8人を交代する人事を行い、前大統領府民情首席秘書官でソウル大教授の曺国(チョグク)氏を法務相に起用した。曺氏は日本の輸出規制強化についてフェイスブックに日本語で「韓国の主権を侮辱し、自由貿易を毀損(きそん)する」と書き込むなど、対日批判の急先鋒(きゅうせんぽう)で知られる。

 曺氏は指名後、記者団に、豊臣秀吉の朝鮮侵略を退けた李舜臣将軍が「敵を打ち破る」という意思を込めて作った詩の一部を引用し、検察改革などの課題に取り組む意思を示した。これまでSNSに、日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じた大法院判決について「否定や非難、歪曲(わいきょく)する人は親日派(売国奴の意味)と呼ぶべきだ」と投稿するなどしており、専門家として対日関係の懸案で発信を続ける可能性がある。

 また文氏は、科学技術情報通…

この記事は有料記事です。残り187文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!