[PR]

 「火垂るの墓」「もののけ姫」などスタジオジブリ映画の作画監督を務めた、故・近藤喜文さんの仕事を振り返る特別展が、三重県総合博物館(津市一身田上津部田)で開かれている。「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」。高い技術力やアニメに真摯(しんし)に向き合う姿が浮かび上がる。

 近藤さんは1950年、新潟県生まれ。「魔女の宅急便」「おもひでぽろぽろ」などジブリ作品にかかわり、中学生の少女が恋を通して成長する姿を描いた「耳をすませば」(95年)では監督を務めた。宮崎駿監督や故・高畑勲監督からの信頼が厚いアニメーターで、さらなる活躍が期待されながら、98年に病で急逝した。

 会場には、近藤さんがジブリに入社する以前に手がけた「未来少年コナン」や「赤毛のアン」などの作品を含めて、原画やスケッチ、作品の世界観を表現するイメージボードなど664点を展示。自分に課題を与えて身の回りにある紙に描いた絵や、キャラクターの表情などについて作画担当者に細かく指示したメモなども並び、誠実な仕事ぶりがうかがえる。

 日米合作映画「リトル・ニモ」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら