宮内庁は9日、上皇后美智子さま(84)が比較的早期の乳がんと診断されたと発表した。転移の可能性は低いとみられる。今後手術を受けるが、8月下旬の長野県軽井沢町や群馬県草津町での静養後になる見通し。

 同庁によると、7月12日の乳腺エコー検査で左胸に腫瘤(しゅりゅう)が見つかり、同15日に東大病院で乳腺MRI検査を受けた。悪性を疑わせる所見がみられたため、今月2日に宮内庁病院で針生検による組織検査を受けて乳がんと診断された。美智子さまは10年以上、定期的に乳腺検診を受けてきた。9日に上皇さまと診断結果を聞いたが、淡々と受け止めた様子だったという。

 美智子さまは今年に入り、日課となっている皇居内の朝の散策後に息が切れる症状が目立つようになっていた。6月の心臓の検査で不整脈が見つかり、2回にわたり白内障の手術も受けるなどした。同庁によると、現在、体重が急激に減少するなど、全体的に体力の低下が心配されるという。(長谷文)