[PR]

沖縄の「ヤンキーと地元」を書いた社会学者 打越正行さん(39)

 沖縄に、暴力がはびこる下層社会がある。そこに生きる若者たちを10年余りにわたって追いかけたのは社会学者の打越正行さん(39)。国道58号を暴走する彼らをバイクで追いかけ、建設業の現場で一緒に汗を流した。若者たちのこころをときほぐしていったのは、類を見ない調査手法だった。

 沖縄本島を南北に貫く国道58号で暴走族を原付きバイクで追いかけた。おそるおそる声をかけて、無視されて。それから10年余り。若者たちと過ごした日々を「ヤンキーと地元」にまとめた。

 建設現場ではジュースの買い出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら