【動画】竹筒から火花が吹き上がる手筒花火=山下周平撮影
[PR]

 岐阜県高山市の夏の風物詩「手筒花火」の打ち上げが9日夜、市内を流れる宮川河畔であった。181発が打ち上げられ、飛び散る無数の火の粉が、夏の夜を染めた。

 「厄(やく)」落としに掛けて、毎年8月9日に開かれていて、36回目。川床の舞台で、はっぴ姿の男女が「いよー」と威勢の良い掛け声をかけると、1メートルほどある竹筒から火花が勢いよく噴き上がった。轟音(ごうおん)ともに火花が燃え尽きると、辺りは静寂に包まれた。

 今年は4月30日にも新元号を祝って披露されている。(山下周平)