[PR]

 熊本県南阿蘇村河陽の葉祥明阿蘇美術館に、この夏もブルービー(ルリモンハナバチ)たちが毎日訪れている。

 今年は7月10日ごろに1匹が現れた。8月6日以降は5匹前後に増え、庭に植えたバジルの花の周りをミツバチやチョウたちと一緒に舞っている。

 同美術館のキャラクターとして絵本にもなっているが、この時期は「本物」を見たいと訪れる人や、「ブルービーは来てますか?」と問い合わせてくる人も多い。例年9月初めごろまで見ることができる。「ブルービーを見た人は皆幸せそうな笑顔になる。ぜひ見に来て」と同美術館。(後藤たづ子)