[PR]

 米中が9月初旬に再開する予定の高官級協議について、トランプ米大統領は9日、記者団に対して、「続けるかやめるか、様子を見る」と述べた。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)や為替をめぐる対立が長引き、泥沼化の様相だ。

 米政権は中国からの輸入品3千億ドル(約32兆円)分への追加関税の「第4弾」を9月1日に発動する予定だ。その後の高官級協議も中止になれば、対立のさらなる激化は必至だ。

 華為については「もう我々は華為とはビジネスをしない。そう決めた」と述べた。「ビジネス」の具体的な内容は明らかにしていない。

 その上で「とはいっても貿易のディール(取引)次第では何も応じないわけじゃない」とも述べ、引き続き交渉材料にする方針だ。

 トランプ氏は6月末の米中首脳…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら