[PR]

 女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が9日、昨夏、4大大会初優勝を成し遂げた全米オープン決勝で破ったセリーナ・ウィリアムズ(米)と約1年ぶりに対決し、3度目の顔合わせで初めて敗れた。

 カナダ・トロントで開かれているロジャーズ・カップの女子シングルス準々決勝は「因縁の対決」だった。昨年の全米決勝で、セリーナは判定にいらついて審判に抗議を繰り返した。セリーナ側についた観客から激しいブーイングが起き、会場が騒然となるなか、大坂が頂点を極めた。9日の一戦は、あの時以来の顔合わせだった。

 大会公式サイトによると、大坂は試合に向けて「たぶん、たくさんの人が試合を見ると思う」と話し、セリーナについては「私のテニスの母みたいな存在。彼女を見て育ったし、すごく尊敬している」とわだかまりがないことを明かしていた。

 セリーナは今夏、米ファッショ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら