ゾウ1頭飼育は「福祉に反する」 警鐘に動物園どうする

有料記事

若井琢水
[PR]

 ゾウを1頭だけで飼うのは生態、福祉に反する行為だ――。カナダの生物学者が公表した日本の動物園に関する報告書が国内外で波紋を呼んでいる。単独飼育する国内13園のうち、宇都宮動物園甲府市遊亀公園付属動物園甲府市)など5園については「標準以下の環境」として早急な改善を求めている。

 カナダ出身の生物学者キース・リンゼイ氏が2017年4月に発表した「日本の動物園において単独飼養されているゾウに関する調査報告書」。リンゼイ氏はゾウの専門家で、国際NGOで動物の保護活動をしている。

 報告書によると、ゾウは本来、群れで生活する社会的な生き物で、単独飼育は「生態、福祉に反する行為だ」と指摘。適切な飼育状態を保てない場合、展示飼育をやめるべきだとした。宇都宮動物園で飼育するのはメスのアジアゾウ「宮子」。1974年から単独で飼育してきた。

 指摘されたのは、日中にすごす屋外スペース(床と壁)が全てコンクリート製▽面積102平方メートルと狭い▽高さ2メートルの堀は落下の危険性がある――など。またストレスから一定の行動を繰り返す「常同行動」の兆候がみられるとした。

 リンゼイ氏は改善策として…

この記事は有料記事です。残り1143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント