[PR]

 戦時中の徴用工を巡る問題や日本政府の輸出規制などによる日韓関係の悪化を受け、県内でも鹿児島―ソウル空路便の運休や交流事業中止といった影響が出始めている。両国友好の土台作りを目指す「鹿児島韓国研究会」代表で、朝鮮史が専門の井上和枝・元鹿児島国際大教授は「言いたいことは主張しつつ、亀裂が決定的にならない知恵がお互いに求められる。今こそ交流を」と呼びかける。

 ――関係悪化の現状をどうみますか

 庶民が築き上げてきた友好関係を、両国の政治がぶち壊している。輸出規制は「なぜ今か」を考えれば、徴用工問題の報復なのは明らか。韓国政府も問題。韓国紙によると、悪化した日韓関係は来年の総選挙の好材料、との報告書を与党系の研究機関がまとめていたそうです。(反日が)支持につながると。被害を受けるのは両国の庶民なのに。

 ――そんな両政府を後押しする…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら