[PR]

 母は、暑い夏でも半袖を着なかった。いつも、襟の詰まった長袖で過ごした。

 胸元の開いたドレスで着飾ることができなかった。原爆が残した体の傷痕を隠すためだ。

 母・静子さんは、広島市生まれ。1945年8月6日、通勤途中で市内の路上にいた。熱線を浴び、左半身に大やけどを負った。

 当時17歳。皮膚の移植手術は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら