[PR]

 第58回全日本吹奏楽コンクール県大会(県吹奏楽連盟、朝日新聞社など主催)は11日、山口市の市民会館で職場・一般A(編成人数65人以内)、職場・一般B(同制限なし)、大学A(同55人以内)、大学B(同制限なし)の各部門があった。職場・一般Aと大学Aの2部門から防府吹奏楽団が7年連続の大賞に、小学校の部から松崎が特賞に選ばれた。

 防府吹奏楽団の団長の津守裕之さん(57)は演奏について「80点。起承転結をはっきり表現したかった」。連続で大賞を受賞してきた重圧があったといい、「中国大会では挑戦者として、伸び伸び演奏できれば」と話した。

 同じく職場・一般Aの山口大学OB吹奏楽団は2年ぶりの中国大会。団長補佐の沢原諄一さん(29)によると、団員のほぼ半分が県外在住。「月1、2回ほどしか集まって練習できなかったが、一生懸命取り組んできた」と振り返った。

 大学A部門では山口大学文化会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース